右手にラテを左手にピィを

理系院生兼某コーヒーショップバリスタ兼自称ポケモンマスター。珈琲と理工科目が好物。音楽と野球も好物。ポケモンは大好物。ライフハックはリバウンド中。就活終りました。

おっぱい。

おっぱい。

 

おっぱい

おっぱい

 

あいみょんのおっぱい。

 

別にあいみょん自身のおっぱいと言ったわけではありません。

 

この曲は一見エロを彷彿とさせるタイトルで,見事に釣られた人は期待を胸に聴くのでしょうが,流石あいみょん,切ないメロディと歌詞というギャップを放ってきました。

 

エロさを求めてきた皆さん,誠に残念でした。

 

 

 

と,それは置いといて,あいみょんのこの曲は思春期の女の子目線で描かれてますね。

 

成長期に入り変化していく心と身体。

大人への変化に一抹の不安を覚えながらも,自身の成長に心踊っているような描写。

 

揺れるんじゃなくて揺らしてみる

揺れるたびにあの人は見ている

 

 

女の子は皆意識してこの武器を使っていたのかと,中学時代を懐古するとなんとも複雑な気持ちになりますね。。。

 

 

ところで,やはり音楽ってエロと相性がいい気がします。

 

エロさをメロディに乗せると,格好良さが増幅すると思うんですよね。

 

例えばこの曲。

 

Black Cherry

Black Cherry

 

全くオブラートに包んで居ませんが,めちゃめちゃかっこいいですよね。

 

MVもあります。

 

youtu.be

 

こちらはLive ver.

 

youtu.be

 

 

普段言えないようなことも,メロディに乗せて歌えば簡単に口に出すことができるし,なんの躊躇いもいりません。

 


ぜひみなさんもカラオケ中に出してみて下さい。

 

 

 

結論,下ネタも歌い手と書き手によってカッコよくも切なくもなるんだ。